日記を書く意味

はじめて日記をつけたのは、たぶん小学2年生だったかな。
学校の国語の宿題だったと思います。その日その日に見たこと、
聞いたこと、感じたことなどを思ったまま、感じたままに自由に
書くということが面白く感じた、と記憶しています。
作文のように、なにかテーマやタイトルが決められていて、
そのことをイメージして書くとなると、うまく書けないことの
ほうが多いのですが、その点、自由に何を書いてもいいのなら、
ラクだし、楽しいと思いました。でも、長くは続かなかったです。
面白いことはほかにもいっぱいありますし、毎日、コンスタントに
日記を書き続けるという根気はありませんでした。その後、
中学二年生の頃に、好きな人ができて、その人のことを思って
日記をつけるようになりました。その人と、少し会話ができて
嬉しかったとか、今日は全然話せなくて、つらかったとか、気持ちの
浮き沈みが激しかったですね。でも、日記に自分の言葉で書きつづる
ことで、自分の気持ちを再確認できて、どういうふうにしたら、その人と
交際まで持って行けるか、考える手段にもなっていきました。
漠然としたままでいるのではなくて、しっかりと言葉にして考える
ということをはじめて知ったような気がします。
結果、その人に告白して、あっさりふられて、日記は書かなくなった
のだけど、いい経験をしました。
酵素ジュース

大切な今日の出来事

実は今日はパソコンの求職訓練の訓練校での面接日だった。
朝から緊張していた、あまり眠っていないし、少々頭も重かった。午後1時から市原市の姉崎の町で面接が行われる。
家から約30分少々早めに到着した、面接なのでスーツの上着を身に着けるか、暑い日なので上着を脱いでワイシャツに
ネクタイだけで良いか悩んだ。普段スーツなどほとんど着ないためなんとなく気恥ずかしかった、夏物のスーツで無いので
ワイシャツとネクタイで面接に行くことにした。先生が玄関で休んでおられた、丁寧な挨拶をした後教室に案内された。
玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替える時、他の人の靴がバラバラだったので靴の整理をした。この行為は私がこれまで生きてきた人生の教訓であるとともに、誰かによく見られようとする実にケチ臭い、せこい考え方でもあった。教室に入ると先生がもう一人いた若い女の先生だった。挨拶をして面接が始まった。まずまずの出来だったと思うが気になる点が1つあったが、それはそれとして面接が終わり自宅に帰った、約10kmだった。家に帰っても不安がいっっぱいだった。かみさんが部屋の掃除をしていた、平和な家庭の匂いがした。ちょっぴり嬉しかった、あと1週間で合格か不合格かの結果が出る、やる事はやった後は運を天に任せる。いろいろ悪い事もして来たが、良い事もそれなりにして来た、神様お願い!家族のため、自分の為、合格をお願いします。いつもと違い、実に殊勝な自分がそこに居ました。
プエラリアサプリ

次は、四角いリンゴかな。

先日、四角いスイカが出荷されるニュースを見ました。

四角いスイカ?

どうやって作るのか不思議でしたが、調べたら、小さい時に四角い枠に入れて置けば、いいんだとか。

スイカさんにしたら、とても窮屈な思いをされていたのでしょうね。

この四角いスイカ、観賞用に人気があるそうで、今年は、カナダに輸出するんだそうです。

多分、カナダの人は、ビックリするでしょうね。

ただ、観賞用とのことなので、多分、食べられないと思うので、それは、残念ですね。

やっぱり、窮屈にさせた分、味が美味しくないのかな。

もし、品種改良して、四角いスイカも美味しいものができたら、これは、スゴイ人気になりそうですね。

見ても食べても美味しいとなるとね。

そこで、農家の方々が、その人気に便乗して、みんなが四角いスイカの栽培を始めてしまったら、スーパーには四角いスイカだらけになったりして。

そして、その四角いスイカばかりを見て育った子供たちは、四角いスイカが本当のスイカと思い、丸いスイカを見たら、とてもビックリしてしまったら。。。

丸いスイカを作る農家の方が増えたりして。

落語みたいなオチですけど、四角いスイカがあるのでしたら、次は、四角いリンゴなんてのも登場するかもしれませんね。

あさイチで風邪対策の特集拝見

昨日のあさイチで風邪対策を特集していましたが、旦那が熱を出すといつも厚着をして、「汗をわざとかくと熱が下がっていい。
」という間違った常識を終わらせることができそうです。
毎回、熱が出るたびに大量の服が出て洗濯が大変だったので、これからは楽ができそうです。
アメリカでは熱を下げるのに冷たいお風呂に入る方もいるようなので、驚きです。
(これも、あまり意味がないようですが・・・)番組の最後に「ウイルスに対抗する体を作るためには」という内容に有働さんが触れたのですが、「今日の8時から放送の『ためしてガッテンで』この続きをご覧ください!」とのことで、続き物~?とがっかりしながら、懲りずにテレビの予約を入れてみました。
子供がいる家庭では気になる特集ですから・・・。
この時期特有のインフルエンザの話題にも触れていました。
それによると、今年のインフルエンザ感染のピークは1月の終わりから、2月初めがピークだそうです。
番組の中で、「今からでも間に合うので、インフルエンザワクチンを打ったほうが良いです。
」と呼びかけがありました。
でも、うちは2年前から子供も親もワクチンを打っていません。
2年前に旦那がワクチンを打った後、その日の夜から38.5度の熱を出し初め、5日目に肺炎で入院することとなってしまったためです。
先生がおっしゃるには「風邪の引き初めで運が悪かった」とのことでしたが、医師から「今日、明日、どうこうなるわけではありませんが、次の抗生剤が効かなかったら覚悟しておいてください。
」と言われました。
幸い、抗生剤が効き旦那は見事回復しました。
それ以来、もう家族でワクチンを打つのをやめました。

インターネットの効率の良さをもっと利用しよう!

インターネットの効率の良さをもっと利用しよう!
私なんかは高台の上の上の方に住んでいるから、ネットがあって、この上もなく助かっている。
それまでは雪が降ろうが台風が来ようが、槍が落ちようが、無理やり恐ろしいほどの距離を交通費をかけて、街まで出ていた。
そうしなければ何も手には入らないし、大事な用事が全然済まなかった。
こんなんで、一体どうなるんだろ?交通費ばっかりかかる…というので、引っ越してきた人も、また過ごしにくいからといって、すぐにどこかに引っ越してしまうような、そんな場所だった。
ところが、インターネットが普及してからはほとんどの用事がそれで比較的早くに済んでいく。
うれしいこと、この上もない。
とにかく、無駄に出たり入ったりしないだけでも、排気ガスの公害も出ないし、道路もすくし、いいことづくめ。
私はせっかちで、だいたい待つのもそんなに好きではないから、自宅で買い物からなにから全部済ませられるインターネットはほんとにたくさん利用させてもらっている。
年寄りが周りにもいっぱい住んでいるけど、ネットがあるから、食事などの買い物に困ってないし、それだけでも有り難い、と思う。
市販の薬の販売までやってくれる会社もあるし、年を取ったときに私はすごく助かる。
インターネットが、もっともっと身近で便利なものになるように願っています。
車買取価格を比較